パソコンと道具

サルベージ依頼

パソコン

近年、様々なものがデータ化されていますが、それらのデータは一度完全に失ってしまったら二度と元に戻すことは出来ません。 その為大切なデータは常に複数の記憶媒体に保存する等といった対処が必要になりますが、いくら注意していてもPCや記憶媒体の故障により大切なデータが消えてしまう、という事は非常に良くあります。 データは一見無くなってしまった様に見えても復旧作業を行うことで修復できる可能性があり、故障したPCもそれで回復する場合もあるのでデータ復旧は非常に大切な作業です。 しかし、データ復旧作業には専門的な知識が必要となるため素人ではどこをどうすれば良いのかが分からない場合が多いです。 その為知識を持たない場合には業者へ依頼する必要があります。 業者に依頼した場合掛かる料金は故障の原因や修復する端末によって大きく違ってきます。 修理の際、最も費用が掛かる記憶媒体はHDDです。 倫理障害と呼ばれるシステム的な故障なら大体2万〜3万円ほど、物理的な故障なら10万円以上掛かる場合もあります。 そこまですると交換を行った方が安いですが、消えてしまったデータは戻ってこないので良く考えた上で行動する必要があります。

一昔前までは記憶媒体といってもフロッピーディスク等のような小さな容量の物が使われることが多く、HDDの容量も小さかったためデータ復旧の需要はそこまで高くはありませんでした。 その為データ復旧をするのはコンピュータ技術者のみで一般的な人には無縁のものでしたが、PCが普及してあらゆる情報がデータ化されて行くにつれて記憶媒体の価値は上がって行き次第に需要を拡大していきました。 その為データ復旧の歴史はそこまで長いものではないものの、日々その技術を進歩させています。 それによりPCにもはじめからデータ復旧のための機能も搭載されるようになり、それなりの知識さえあれば自力で修復できるようになり現在では非常に身近な技術であるといえます。 データ復旧サービスは日々その技術力を磨いており、これからも更に進歩していくことでしょう。

業者選び

キーボード

HDDやUSBメモリ・SDカードなどのデータがクラッシュした場合はデータ復旧を諦めることが多かったですが、今はデータ復旧業者が複数あります。どうしても復旧させたいデータがある場合は、サービス内容を確認して活用しましょう。

大切なデータの復元

通信

ITの進化にともないデータの大容量化、そしてデータ処理の高速化にともないデータの重要性が高まっています。これらを消去あるいはアクシデントによるデータの損失で被害が発生した場合には、データ復旧することが可能であります。

データ復旧の価格

修理

コンピュータの普及が進むにつれハードディスクの活躍の場所が広がってきています。その修理のサービス料金は高額になりがちです。また、ハードディスクの普及によりユーザーのデータ復旧の需要が高まりました。